介護職は本当に身体資本
スポンサーリンク

身体を壊すと何もかもが痛い

1月に転倒して、2月の後半に肩、頸椎が激痛・・

3月~6月はじめまでリハビリ生活をしてました。

検査費、治療費、収入0、マイナスの明細書が届く、

立て替えてくれた保険料のマイナス明細書

事務所に届けるか、指定の口座に・・・

 

働けなくなると本当にヤバい事が良くわかりました。

 

6月~復帰して、あっという間に8月

 

復帰してからの3ヶ月、肩にテーピングを巻き

 

自宅で取り組むリハビリ

 

肩はなかなか、以前のような耐久性のある左肩に戻りません・・

 

 

なんとか壊れずに夜勤なしの業務に取り組んでます。

 

 

排泄、移乗、入浴中介助。

 

でも、入浴外介助はストレッチャーから車椅子に乗せる

動作が肩の耐久性がなく出来ない、不安な私・・・

 

長い時間帯、肩が使えない・・・

 

9月になればもう少し、筋力が戻ることを祈りたい

 

介護福祉士は腰、肩は丈夫が一番

スポンサーリンク

今後のリハビリ

自宅で筋力アップと病院でのリハビリで左肩を強くしていきたい。

リハビリはしんどい。

左の肩甲骨の筋肉が弱い

両手にゴムを人差し指~薬指にかけて掛け
左腕を脇をしめての外側スライドさせてピンポイントで
肩甲骨を鍛える地道な筋トレです。

しっかり、効いてると痛みが走る不安。

まだ、試練は続いてます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事