【おすすめ】この方法で介護職員初任者研修を学べます

 

介護職を目指すには、どうしたらいいの?

 

 

結論からいいますとまずは、介護職員初任者研修を取得することです。

 

 

介護職員初任者研修は、介護の入門資格と言えます。
介護の仕事をする上で基本となる知識や技術を取得でき、介護の資格の中でも初心者が取得しやすい資格です。

 

 

全然、介護のことを知らない、介護の仕事に興味がある、未経験で介護の資格取得にチャレンジしたい。

 

 

「資格をとってスキルアップしたい」

 

 

そんな方におすすめしたい資格の1つです!

 

 

では、介護職員初任者研修とは、どんな資格なのか?
どうすれば介護職員初任者研修を学ぶことができるか、順に解説していきます!

 

【おすすめ】この方法で介護職員初任者研修を学べます

 

介護職員初任者研修は、無資格・未経験から取得することができ、介護の基礎的な知識と技術を一からしっかり身に着けられるため、介護の入門資格と呼ばれています。

 

もとは、「ヘルパー2級」でしたが2013年4月に新しい資格として生まれ変わった!

 

 

ホームヘルパー2級に比べ、様々な点が変更されています。

 

学習内容

訪問介護への対応がメインだったホームヘルパー2級から、「施設介護」にも内容に変更されました。

カリキュラム

 

カリキュラムは都道府県により大きく異なるため、まずはご自身が住んでいる都道府県はどうなっているか確認しましょう。

修了試験

ホームヘルパー2級にはなかった筆記試験・実技試験が追加されています。

 

試験と聞くと緊張する方はするでしょう。決して難しいものではなく、他の介護資格に比べると取得の難易度は低いです。

 

 

介護職を目指す人はもちろん、ご家族の介護に活かすために取得を目指す方もいらっしゃるので人気の資格と言えます。

 

 

 

介護職員初任者研修を取得するメリット

 

 

 

 

介護職の入門資格である介護職員初任者研修ですが取得すると介護の知識や技術が身につく以外にも様々なメリットを簡単に説明していきます。

 

 

では、それぞれのメリットについて説明していきます。

 

【メリット1】介護の知識や技術をしっかり学べる!

基礎からじっくり!
介護職員初任者研修は、介護の基本的な知識や技術から医療との連携や認知症の理解などのより深い部分まで、着実に学べる資格です。

 

 

介護の仕事に就きたい方は、もちろん、異業種からの転職を考えている方も安心して受講できる内容です!

 

 

演習と講師と接する時間がしっかりあるので、わからない点や不安なことを直接、講師に質問できるので心強い。

 

私の経験からのアドバイス
私は、介護施設で介護職員初任者研修の実習指導担当の経験があります、演習受け入れの施設によって食事、入浴、排泄介助は、見学のみだったり、実習担当者と実際に経験させてくれる施設、そうではない施設もあります。演習場所の情報はあらかじめ聞いておくと良いでしょう。

【メリット2】 採用で有利・給料や接遇面でプラス!

 

いい介護施設に就職できた!

介護職員初任者研修の資格を習得すると、資格手当がつく場合があります。給料アップが期待できます!

 

介護職員初任者研修の資格手当は、月額で数千円~1万円程度と言われています。

 

 

多いとは言えませんが年間でみると大きくなってくるでしょう。

 

 

資格手当がない施設や事業所もあるので絶対ではありませんが取得すると給料アップに繋がる、介護知識や技術が身についてくれるスキルアップに繋がると言えるでしょう。

 

 

確かな介護の知識や技術を身につけている証明になり、実績でもあり、就職先で信頼される要因になります。

 

【メリット3】介護職キャリアアップの第一歩になる!

介護職のステップアップ

・介護職員初任者研修

・介護福祉士実務者研修

・介護福祉士

 

介護職のキャリアパスにおいて、介護職員初任者研修は介護職の入門資格として位置づけられています。

 

 

 

介護業界に初めて飛び込む方は、介護職の入り口として介護職員初任者研修で基礎をしっかりと学んでおくと、「介護福祉士実務者研修」や国家資格の「介護福祉士」など、更に上位の資格取得する時に有利です。

 

 

介護福祉士を目指すには実務者研修の取得が必要になりますが、介護職員初任者研修の一部免除になります。介護職としてキャリアップの第一歩を踏み出しましょう!

 

 

【メリット4】実務者研修を取得する際、免除科目がある!

介護職員初任者研修取得したら

実務者研修がスピーディに!

介護職員初任者研修を取得すると、実務者研修を受講する際に、すでに学んでいる科目の受講が免除!

 

 

 

無資格から実務者研修を受講する場合に比べ、受講時間はおよそ130時間も短縮に!
介護福祉士の受験資格になる実務者研修をスピーディーに取得することが可能になります。

 

 

これなら、働きながらでも実務者研修を取得しやすい。

 

介護職員初任者研修の取得にかかる期間と費用

 

 

介護職員初任者研修を学ぶ、取得するには、講座を開設しているスクールに通学することが必要です。

 

 

すべて、独学では取得することはできない。

 

勉強方法

自宅学習(通信)+スクーリン(通学)の形式が一般的。

 

無資格・未経験から資格を取得するまでの期間と費用、そこが気になりますよね?

通信+通学で取得する場合

 

 

期間
1~3.5か月
費用
約5~10万円

介護職員初任者研修取得の費用を安くしたい

 

資格を取得する時、費用はきになりますよね。

 

 

できるだけ費用は安く抑えたいものです。では、費用を抑えて取得するには、国が行っている制度を活用するのも1つの方法です。

 

 

 

介護職として就職先を探している方やキャリアアップを目指して勉強する人に対し、国は補助金や助成金を支給・貸与する制度を作っています。

 

 

たとえばハローワークが窓口になっている制度に「公共職業訓練」「求職支援制度」「教育訓練給付制度」などがあります。

 

 

それぞれの内容について、掘り下げてご紹介します。

ハローワークの制度1:公共職業訓練

介護職員初任者研修を取得するための訓練を、無料(テキスト代などは自己負担)で受けられます。対象は雇用保険に1年以上加入している方(ただし、はじめて教育訓練給付金の支給を受ける場合に限る)です。

ハローワークの制度:2 求職者支援制度

介護職員初任者研修を無料で受講できます。また、一定の要件をみたせば、訓練期間中に「職業訓練受講給付金」(月額10万)を受給することも可能です。対象となるのは、雇用保険を受給していない方、およびハローワークで支援指示を受けた方です。

ハローワークの制度3: 教育訓練給付制度

介護職員初任者研修を受講・終了した場合、教育訓練施設に支払った受講料の20%(上限10万円)を受け取ることができます。受講終了後、管轄のハローワークに教育訓練給付金申請書、および必要な書類を添付して提出します。対象となるのは、雇用保険に3年以上加入した方、介護職として資格取得を目指す方です。

この様に、介護職員初任者研修を無料で受講できる、受講料の一部が返金されるなどハローワークの制度には様々なメリットがあることが分かります。

 

 

費用を抑えお得に資格を取得するために、一度はチェックしてみましょう。

 

※出典: 「介護労働支援ガイド/厚生労働省」

 

 

もう一つ、お金を掛けずに働きながら無料で資格を取得できます。

 

 

介護の資格を0円で取るならかいご畑へ

これから、介護の仕事に就きたい方に必須の『介護職員初任者研修』を無料取得する事ができます。

実務費用5万~10万程度かかってしまうのでぜひ、無料登録して資格取得してほしいです。

 

かいご畑のメリット

キャリアアップ応援制度

・働きながら0円で介護資格が取れる

 

・無資格OK・未経験OK
『0円で受講できる講座』

 

・介護職員初任者研修

 

point1、旧ヘルパー2級の名称を改めたもの

point2、基礎知識・技術を学ぶ

point3、中級資格である実務研修の一部科目が免除

 

かいご畑は初心者のキャリアアップのための支援などを積極的に行っていて資格習得にかかる費用を負担してくれます。

介護職員初任者研修、実務者研修、

そして、介護福祉士へキャリアップしていくには、かいご畑は絶対にオススメの介護派遣会社です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事