【認知症予防】最近、記憶の低下が気になる、忘れっぽいあなたへ

 

大切な人が身近な人が何かおかしい、
最近、私も忘れっぽいなと感じる方に
読んでもらいたいです。

記憶の老化

放っておくと・・

・物忘れ

・記憶があやあふや

・突然、我を忘れる

最近、気になることが・・・

・親の性格が変わってしまった。

・当たり前のことが出来なくなった。

・突然あてもなくあてもなく歩き周る。

こんな事が続いたら要注意です!
今後、認知症人口は700万人と言われています。
大切な家族を忘れたくないですよね?
子供や孫の顔を忘れたくないですよね?

 

諦めないで下さい。

介護が必要になる前に出来る事があります!

 

記憶の老化は

食生活、運動、手先を使う作業などで
予防改善が可能です。
記憶の老化予防

1.バランスの良い食事

2.適度な運動

3.指先を使う作業

あれっと思うことが増えたら早めの対策が重要ですよ!

家族の異変に気が付いた時のきっかけ

記憶の老化サイン

1.同じことを何度も言ったり聞いたりする

2.物や人の名前が出てこなくなる

3.置き忘れやしまい忘れが目立つ

4.時間や場所の感覚が不確かになった

5.病院からもらった薬が管理できない

6.興味や関心が失われた

そうなんです! 記憶の老化サイン

記憶の老化は何故、おこるのか

人間の頭の細胞は脂質のおよそ18%

ホスファチジルセリンは、加齢と共に減少、

一度減少したら体内で生成できません
代謝がわるくなり、記憶の老化・・・・

もう一度、おさらいすると

記憶の老化予防は

食生活、運動、手先を使う作業などで予防改善が可能。

1.バランスの良い食事

2.適度な運動

3.指先を使う作業

でも、毎日続けるのは大変

ホスファチジルセリンを増やすには

食物からの摂取がオススメ

何を食べる事が効果的

ホスファチジルセリンが最も多く含まれる大豆

でも・・・・

ホスファチジルセリン
・1日摂取量の目安100g以上を摂取するには、
1日に3.5㎏もの摂取が必要。
 ※大豆は1粒0.3gで換算
・1日で3.5㎏の大豆は食べれない。

 

気になる不安

・記憶の老化が気になる

・最近、忘れっぽい

・認知症になりたくない

そういう方にオススメ、記憶の低下など引き起こす、
不安を未来へ希望に変える準備をしませんか!

 

記憶の老化が気になりだしたら
家族に迷惑をかけたくない
親にはいつまでも元気でいてほしい。
認知症にはなりたくない

だから、オススメしたいのがサポートプレミアム
▼初回半額キャンペーン

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事