【介護職の悩み】ベテラン介護職員の待遇と悩む介護転職の理由

最近、新設介護施設の立ち上げの為、異動の打診の話が舞い込んできました。
それも年末前のクリスマスイブ、最悪なクリスマスプレゼント

家族に相談しても、どうしようもない
自分で決めるしかない

さて、どうしたらいいか悩んでます。

突然の23年目 外部介護施設立ち上げの異動を持ちかけられた。


事務長に呼び出されて、悪い話じゃないんだけど・・・
同じグループの別、協会が短期施設を開設するにあたって、
ベテラン職員が欲しいと。

私の心の中

・23年も働いてきたのにクビか!

・腹が立って冷静に慣れず。

・今まで働いてきた仲間と離れたくない

・いっそ、他へ異動するなら退職しよう。

・環境を変えるのも良いかも。

・年齢的にチャレンジする勇気がない。

・慣れた職場で役職は外れてこれからも頑張りたい。

 

冷静に考えてみた

冷静に考えて私がやってみた行動

・異動先の場所を確認した。

・同期の職員に相談した。

・他施設の仲間に相談した。

・事務長と冷静にもう一度、正直な自分の気持ちを伝えようと思った。

異動を断ると他へ異動させられてしまうかも知れない不安。
しかし、前向きに色々な事を考えなければいけない。

・家族がいる、私が働かなければ当然、生活に困る。

・入社23年目、施設内の異動は数々、経験してきた。

・新設の立ち上げに関われば主任から更なる飛躍もあるかも知れない。

悩み抜いて出した結論

まもなく、45歳を迎える、企業ではリストラなどささやかれています。
怪我をして病院の先生、理学療法士の方に転職の事や色々なアドバイスや励ましの言葉を
頂いて、介護福祉士の現場に戻りました。

 

復帰後も職場の同僚や後輩に助けて頂いた事、すごく有難かった。

 

今年で介護福祉士24年目を迎える事が出来た、矢先の異動話。

 

想定外だった、現在、働いている施設外での異動。
一番、動揺した原因は施設外。

事務長の悪い話ではないけど、新設の立ち上げ、
そして、いま働いている施設の看板を背負って異動する事になる。

この看板を背負う意味が私の決断の決定打となった。

長く働いた施設を離れたくなっかった

私が出した最終結論

〇事務長に伝えた事

体調に不安があるまま、私を推薦してくれた
施設長、事務長を顔に泥を塗ることは、出来ない。
立ち上げ施設にいって、異動したが体調不良で
駄目だったでは済まされない。

人件費が掛かるならば、主任の役職を外して
一介護職員として働かせてほしいこと。

23年働いた愛着ある施設でこのまま、
働かせてほしい。

介護職でも異動を断るとマイナスイメージ?


異動を断ることで、納得のいかない異動先へ命じられる事が
もしあった場合は、退職して別の介護施設へ介護転職も検討しなくてはいけない。

とは、思いたくないが現実は厳しい40代なのかも知れない。
ベテラン介護福祉士、ベテラン介護職員による新たな介護施設へ
介護転職、介護求人を意識して行かなければいけない、
時代なのかも知れない。

介護人材不足な時代なら、人件費もあるだろうけど、
施設の経営の問題もあるだろうけれど、経験を積んできた、
人材を大切にしてもらいたい。

賃金の安い、外国介護労働者を雇用する時代は直ぐ
そばに来ているかもしれない。

どうか、日本の若者よ日本の介護業界に目を向けてほしい。

年度末の私の処遇はどうなるのだろうか?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事