【水飲み健康法】汗をかかなくても水分は失われるの?

心筋梗塞や脳梗塞の予防になる白湯について

40代に多い心筋梗塞や脳梗塞は、睡眠中や早朝に6時~8時に多く発生しています!

原因の一つが睡眠中の脱水症状です。

 

寝ている間には、皮膚や呼気から約300mlの水分が失われるため、

汗をかかなくても知らないうちに水分不足になっていると言われています。

 

スポンサーリンク

就寝前のコップ一杯の白湯

 

睡眠中や早朝の脱水を防ぐために、就寝前にコップ1杯の白湯を

飲むことを習慣づけましょう!

 

私も毎日実践していますよ(^▽^)/

 

胃が温まると副交感神経が優位になり、心が落ち着くそうですよ。

 

白湯の作り方
お湯が沸騰したら、少し弱火にします。
湯気をのがしつつ15分沸騰させます。火を止めて30分程おき、50~60℃になるまで冷まします。
水で割るのは駄目ですよ。
50℃がベスト
白湯は
心を落ち着かせ
眠りを誘う効果があるよ
体温より
少し温かい白湯が
良いよ
ぜひ、皆さんもご家庭で試してみてください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事