【必見】独身女性が悩む認知症の父親の介護とは

独身女性が認知症の父親の介護に直面した時にどうしたら良いのか?

具体的な事例を交えて考えてみたいと思います。

30代独身女性が悩む認知症の父親の介護

30代独身女性です。父親は80歳で軽い認知症です。独居生活の要支援で毎日ヘルパーが訪問している。

デイケアに週3回行き、入浴し食事はすべて外食。

最近、認知症が進みケアマネジャーから介護施設入所を勧められています。

手ごろな施設はなかなか順番が来ません。

私の近くに父も越してもらい独居生活のまま見守りを密にするか私がもう一部屋分、広い家に越して同居することを検討。

・父親の物忘れが進行。

・現金引き出しが難しくなってきた。

・頑固でわがまま。

同居すると娘である私がイライラしそう。
最後は同居したい気持ちがある。

家族介護をした具体的なアドバイス

認知症高齢者の家族介護を経験したご家族の声をまとめてみました。

母親の介護をして送りました。
認知症もあり認識の差、被害妄想、収集癖など親の方が記憶にない世界に居る以上、何度も同じことを言われて、どう付き合おうか自分を追い込みました。認知症は良くなることはありません。
母親の介護をしたAさん

 

現実的に冷静に検討をするべき

・第一に生活面はどうするかです。

・親の介護で退職して面倒を見る。その覚悟が何処まで出来るのか?

・介護疲れで疲弊してしまう。これが現実です。

・あなたが壊れる介護の孤独な戦いの現実です。

・一度、受けたら逃げる事が出来ない親子。

・受け入れてくれる施設があるならお願いする時の面談に行く
それで十分ではないですか?

現実的なアドバイスBさん

 

最後まで親を看取りました。
最後まで看れますか?
でも、あなたは独身で働かないと生きていけないでしょう。
介護休暇を取れますか?
仕事で疲れて帰ってきた後、介護が出来ますか?
綺麗ごとで済まされない事が介護です。誰だってお金と時間と体力が有り余っていたら、
親の介護をしてやりたいと思います。
だけどみんな揃ってる人なんて殆どいないでしょう。
私は最後まで親を看取りました。
自分に出来る範囲で考えてみたらどうでしょうか?
最後まで親を看取ったCさん

介護施設の選び方

後悔しない介護施設選びをするには、何をどうしたら良いのか迷うと思います。

・どのように探し、選べばよいのか

・探し方の手順

・予算計画

・立地条件

・サービス内容

・選び方のポイント

色々な視点から詳しくわかりやすく解説。

1どんな生活を希望するのか考える

今の生活に足りないもの、不便さを感じる事、不安を覚える事など、現在の状況を整理し、理想とする生活を

考えてみましょう。

 

2条件を整理する

予算、立地、サービス内容などの条件を整理し、満たすための条件に優先順位付けをしましょう。

 

3介護施設を探す

実際に介護施設を探します。インターネットや口コミなど幅広く情報収集しましょう。
老人ホーム検索サイトNo.1

 

4介護施設を比較する

条件に合うからと1つのホームに決めてしまわず、複数の介護施設について比較しましょう。

考えが及ばなかった新しい条件が見つかることがあります。

 

5介護施設を見学する

必ず複数の介護施設を見学しましょう。

 

6介護施設の体験入居をする

見学を終えて入居したいと思う介護施設が見つかったら本契約の前に体験入居しましょう。

 

まとめ

親の介護は簡単なものでは、ありません。先がわからないのが介護です。

人生の最後は誰もどうなるか、わかりません。それが現実です。

親子の関係も色々な事情が絡みます。

どうしていいか、わからない、それが普通なんだと思います。

・どのように探し、選べばよいのか
・探し方の手順
・予算計画
・立地条件
・サービス内容
・選び方のポイント
以上を踏まえて頼ってみませんか?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事