脱肛手術、入院から手術までの過ごし方

手術前の朝食

よいよ、脱肛手術の当日

手術前となるとやはり、緊張してきました。

 

 

術前食メニュー

・パックのスポーツドリンクのみ

・昼食はなし

 

朝、座薬を2本入れました。10時までは水分は飲めます。

トイレ以外は部屋で待機です。

 

 

新しい病衣に着替えて10時頃より点滴開始!

手術は予約順なのか私は午後の脱肛手術となります。

お手洗いを済ませて、ナースからT字体に履き替えて体に付いている金属類を

外してくださいと言われます。

 

よいよ、私の手術の番が来ました。14:30分点滴をしたまま、

ナースと徒歩で手術室までエレベーターを使って行きました。

 

手術の様子

手術室に入るとストレッチャーがあり、うつ伏せになって

横になって九の字になって、麻酔医のもと背中に下半身麻酔を打った。

 

 

麻酔が効き始めると手術台に乗り、うつ伏せになり顔は横に向けて両手は台の上に乗せる様

看護師より指示を受けた。

 

 

やや、腰を上げてた体位で医師二人で確認しながら

手術がスタートした。。。

ドクターが確認をしなが手術をしていく感じが読み取れる。

 

 

肛門で何かをされている感覚も麻酔が効いているため良くわからない( ノД`)シクシク…

手術室の時計を確認していた14:30を過ぎていた・・(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

 

頭の中で脱肛手術をされているんだと頭の中で理解しようとしていた。

あっという間の30分で脱肛手術は終わった・・・・

時計は15:30、手術は30分間で終了。

 

 

笑顔で出頭医からお疲れさまでしたと声を掛けられた。

 

脱肛手術を終え医師から説明

医師より説明

内痔核といぼ痔がありましたと言われる。
内痔核は上から垂れ下がっていた。
いぼ痔は2箇所あり。

ジオン注射で治療しましたと説明を受けた。

 

内痔核とは

直腸の粘膜に内出血が生じ、イボ状になることを指します。

内痔核を発症すると排便時に出血したり、イボ状の病変が肛門の外に触れたりするようになります。内痔核が常に肛門の外に出てしまい、激しい痛みを伴うことがあります。

内痔核は長時間な座っていたり、排便時にいきんだりすることが原因として発症します。日常生活では同じ姿勢を長時間続けない、トイレの時間を短縮するといった心がけが重要です。

私の経験を話しますと排便前に肛門内で痛みが出始めたのがきっかけでした。それと下痢しやすくトイレに座る時間がどうしても長くなってしまったことが要因に今となってみれば思います。

 

病院受診をためらわずなるべく早い段階で
医師に見せることが大切です!

 

 

ジオン注射とは

切らずにイボ痔を治せる! 治療法

ジオン注射とは、イボ痔を切らずに注射一本で治すという画期的な
痔の治療法です。

内痔核の主な治療法は以下の二つです。

・手術 : 内痔核を結紮切除を取り去る

・ALTA療法 : 注射による治療

 

スポンサーリンク

脱肛手術を終えて

麻酔の様子をみてしばらく手術室にて待機!

看護師から手術を終えて30分後にベッドで15:36に担当ナースが手術室前まで向かいに来てくれる。

 

病室に戻り寝ていると家族が見舞いに来てくれました。嬉しかった( ^ω^)・・・

 

 

脱肛とは
20:30分、夜間まで点滴をして最後の4本目の点滴が終わった(^▽^)/
スポンサーリンク

脱肛手術後の症状をまとめ

 

 

術後の夜間の諸症状
・腹満があってガスが溜まっている。
・尿器で排尿挑戦300mlから450ml出すのがやっとの状況、
下半身麻酔が効いているせいか排尿がスムーズに出せず辛かった。
・力んだせいか肛門がチクチクする。
20:30分以降、更に肛門が痛み始めたのでおしりに痛み止めの注射を打ってもらった。
なかなか、チクチクの痛みが続く。
21:00消灯・・・・尿器で排尿2回
23:10痛みが続きなかなか、眠られない。( ノД`)シクシク…
0:59ナースコール押して2本目の痛み止めの注射を打ってもらう
手術後の痛みは看護師さんに遠慮せずにナースコールを押して
痛みに耐えれなければ痛み止めを打ってもらう。痛みは軽減してもらいましょう!



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事