コーヒーの疲労回復効果は?

カフェインレスコーヒーで自立神経を守る

眠気さましにコーヒーを飲む人は多いと思います。私,自身も職業柄、夜勤勤務があるので夜勤中にもブラックコーヒーを飲むことが多いです。コーヒーにはカフェインとクロロゲン酸という成分が含まれています。

 

カフェインは、覚醒作用があるため、一時的に疲労回復が回復したかのように錯覚し更に更に頑張ってしまう!隠れ疲労を促してしまいます。

 

一方でクロロゲン酸は、強い抗酸化作用の力で活性酸素よる攻撃から自立神経細胞を守ってくれる働きがあるそうです!

コーヒーを飲む場合はクロロゲン酸の多い、インスタントよりもドリップコーヒー!

フレンチローストよりエスプレッソがお薦めですよ。

 

クロロゲン酸の弱いところは、代謝が早いので30分で半分以上が血中から消えてしまう。コーヒーは3時間ごとにこまめにちびちび飲むことが良いのです。

 

カフェインの過剰摂取は危険!

カフェインの過剰摂取は危険! カフェインレスなどのコーヒーもカフェやコンビニで市販されているのでクロロゲン酸パワーだけを存分に得たい場合はベスト!

 

 

カフェやコンビニでカフェインコーヒーを飲もう!!

クロロゲン酸だけを摂取するならカフェインレスコーヒーがお薦め。
市販品を利用しましょう。

 

カフェインでとれるのは一時的な疲れ!
コーヒーは3時間に1杯が疲れスッキリの目安!!
カフェインより多い クロロゲン酸に注目!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事