マグロやカツオもイミダペプチドが豊富!!

イミダペプチドが豊富な回遊魚とは

イミダペプチドは、鶏むね肉の他に海の魚

マグロやカツオのような大型の回遊魚に含まれています。

 

マグロとカツオに含まれるイミダぺプチド

マグロ・・・100gあたり767mg

カツオ・・・100gあたり811mg

尾ひれに近い方に豊富!!

マグロやカツオの尾ひれの付けの筋肉豊富

 

イミダペプチドは鶏むね肉や豚ロース肉にもふくまれているそうです( ^ω^)

動物の最も酷使する疲労が蓄積しやすい部分に多く含まれていると言われている。

マグロやカツオでは泳ぐときに最もよく動かす尾びれに近い筋肉の部分に多い!

 

 

 

スポンサーリンク

イミダペプチドは1日200mgを摂ろう

疲れを軽減するためにお薦めのイミダペプチドの摂取量は1日200mg。

鶏むね肉に換算すると100g程。

毎日鶏むね肉ばかりでは飽きてしまうのでカツオ・マグロ、豚ロース肉など

他の食材と組み合わせて1日の中で摂取しましょう!

 

2週間続けると効果が出ると言われています(⌒∇⌒)

疲れが軽減する効果を体験してみてください!

 

 

食材の組み合わせ

・鶏むね肉50g+豚ロース肉65g=生姜焼き

・鶏むね肉50g+カツオ75g=刺身、たたき

・豚ロース肉65g+マグロ75g=生姜焼き、マグロの刺身

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事